稼ぎの小さい自分の仕事の経費、もったいない

まだ子供が小さいので単月の収支が黒字なのは当たり前で、やりくりも一定額の貯金を積み立てて行く事が前提の我が家で、自分(妻)の仕事のための支出は家計から出しにくくて困りました。仕事と言ってもパートタイムで二人の子供の保育料を稼ぐ程度の収入、もちろん夫の扶養内という前提です。家計が赤字になるわけではないのですが、貯金のペースが鈍るので気まずいです。
特に今月は私が転職のためにマイカー通勤から自転車通勤に変更となり、自転車を購入する必要がありました。自転車はこだわりなく中古でもいいし一万円程度で探していたのですが、実店舗2店とネットで探して使えそうで一番安かった一万三千円のものに決めました。防犯登録料もかかるし。。結局、自転車は金額が大きいので、母からもらったお小遣いで購入することにしました。さらに悪天候時の通勤に備えて雨具や長靴も必要です。雨具は実家にあったものをもらって来て、長靴は自分のお小遣いで購入しました。
車通勤しなくなるからといって子供たちの送迎や買い物を考えると車を手放すわけにはいきません。ちなみに気候の悪い地域在住です。ほんと、自転車通勤になるからといってあまりお得ではありません。
幸いなのは新しい職場は制服があり、仕事のための洋服の買い足しはあまりせずに済みそうです。それでもほぼ消耗品のストッキングは買い足し必要かも。前の職場では社員食堂があったので不要でしたが、転職後はマイボトルとかわいい弁当箱、弁当袋も欲しいかも。でも無駄遣いになってはいけないのでとりあえずこちらの購入は保留です。
そういえば就職活動も学生時代に買ったスーツと冠婚葬祭用の黒いパンプスで臨みました。履歴書は自分のお小遣いで購入し、履歴書に貼りつける写真も自宅で夫にデジカメで撮影してもらい自宅でプリントしました。
主婦の就職活動と転職準備は十数年前に経験した新卒時のそれ比べると非常に質素でしたが、パートでは仕方ないですよね。新卒の時は履歴書用の写真は写真館で撮影しました。新品スーツ3着と鞄、靴を買っての就職活動に就職前には一人暮らし開始のための家電、車の購入を含めかなりの出費がありましたがそのときは正社員での就職でしたので十分もとは取れました。その時のスーツと鞄に、今回もう一度出番があって良かったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>